メンタル

感情日記で無意識の思い込みを探る

ネガティブさんによくあるお悩み、自分を知らないから上手く生きられない。
「自分のことなんて知る必要があるのか?」そう思う方も多いのではないでしょうか。

自分のことを知っているだけで、格段に生きやすくなります。
嫌なことから徹底的に避けて通ることができたり、出来ないことは出来る人にお願い出来たりします。

ネガティブさんにオススメしたいのが、自分の感情を知ることです。
まずは簡単なハテナに答えてみましょう。

例えば、

  • 友達と遊びに行くのが面倒くさい
    →何故面倒くさいのか?
  • 仕事に行きたくない
    →何故行きたくないのか?

こういった問題に直面した時、自分を知らないというただそれだけの理由で「何故?」の答えが出ないのです。

漠然とした「何となく嫌だ」のような答えではなく、「何故嫌なのか?」「何故面倒くさいと思うのか?」の答えが出ません。

今回は自分の感情をしっかり理解して現状を変えることが出来る5分日記を見ていきましょう。

感情日記とは?

本来日記とは、その日あった出来事や感情を書き残しておくものです。
それが一言でも何ページにも渡る長文だったとしても同じ日記です。

今回は長い日記ではなく、習慣に取り入れやすい短い時間で終わる感情日記の書き方をご紹介します。

5分で終わる感情日記の書き方

  1. 日付
  2. 出来事
  3. 心の声
  4. 感情

この4つを書いていきます。

今日一日で自分が嬉しかったことや悲しかったこと、印象に残っている出来事を書きましょう。自分の主観は捨てて、起こった出来事のみを書きましょう。

  • 心の声
    結果がどうであれ、自分が思ったことだけを書いてください。
  • 感情
    心の声をふまえた上で自分の感情を判断してみてください。(楽しい・感動・イライラ・爽快・自己嫌悪・・・など)

実際に書くとこんな感じになります!

例えば、

  • 日付
    ◽︎月× 日
  • 出来事
    今日は職場でミスを多発してしまい怒られた。帰ってきて掃除にご飯に子供が落ち着かず、大忙しだった。
  • 心の声
    最近は子育てで、心に余裕がなくて周りが見えておらずケアレスミス多発。何も出来ない気がしてきた。仕事と家事と両立できず、仕事にまで支障をきたす自分が腹立たしい。
  • 感情
    イライラ

という風に、学生さんも社会人さんも主婦の方も…まずは一月続けてみましょう。

感情日記を1ヶ月続けて見えてくること

感情日記をつけていると、よく出てくる感情というのが見えてきます。

楽しい!・イライラ・悲しい…etc、それぞれを集計してみましょう。

特に多かった感情の出来事や心の声をもう一度読んでみてください。
ネガティブモードに陥りやすいポイントや共通点
などが見えてきます。

そして、心の声からは自分の無意識の思い込みを見つけることができます。

例えば、

  • 特に多い感情
    イライラ
    →イライラを減らすためにできることを考える。原因はなんだろう?
  • 特に多い心の声
    仕事をしながら家事をして更に子供の面倒を見ている。しんどい。
    思い込み完璧ではないといけない。他に方法はもうない。両立は不可能。

その思い込みに全て「疑問形」で返してみてください。

「完璧ではないといけないの?」「他に方法はもうないの?」「両立は不可能なの?」

すると、どこを改善すれば現状を改善出来るのかという改善ポイントが見えてきます。

感情日記の改善ポイント

完璧ではないといけないという思い込み

完璧である必要とは何なのか考えてみたことはありますか?
完璧に物事をこなすことと、上手く物事をこなすことは実は違うんです。

例えば、

  • 毎日掃除をしなければいけない。
    週に1回に減らす。
    又は毎日気になるところ1箇所だけ掃除をして、週末に纏めてきちんと掃除する。
  • 毎日晩御飯を作らなければいけない。
    休みの週末に1週間分作り置きしておく。

完璧にこなさなければいけない、その考えが自分の首を絞めてしまい・・・楽に上手く物事をこなすための方法が見えなくなっています。

力の抜きどころを見つけましょう。

他に方法はもうないの?

確実に方法はまだあります。
「もう何も思いつかない!」というところまで方法を考えてみてください。

例えば、

  • どうしてもしんどい時は家族や旦那さんに手伝ってもらう
  • 今は安くでお願いできるところが増えているので家政婦さんを雇う
  • 仕事を変える
  • 家事の負担を減らすために子供に手伝ってもらいお小遣いをあげる
  • 家電を新しく買って手間を減らす

両立は不可能なの?

友人・先輩や上司・家族や兄弟など…身の回りに両立している知り合いはいませんか?
正直に相談してみると、参考になるお話を聞けたりします。

それぞれの工夫を知ることができますよ!

例えば、

  • 大変な期間だけ仕事を変えて、パートタイマーとして働いていた。
  • 残業がない仕事に変えた。
  • 孫を可愛がってくれる両親にお願いして、たまに面倒を見てもらっていた。
  • 掃除機をかけるのはやめて、自動掃除機のルンバにした。

感情日記のまとめ

感情日記を付けることで、

  • 自分がよくどんな感情を抱くのか
  • 何に対して今どんな感情を持っているのか
  • 現状を改善する方法はないか
  • 無意識に思い込んでしまっていることは何か

この4つが分かります。

自分のことが見えなくなっている時は感情日記を付けて読み返すことで、本当の自分が見えてきます。

すると、
「私は今手が回らなくてイライラしている」
「今、さっきの行動に自己嫌悪している」
「こういう態度を取られたことが不満なんだな」

と感情をきっちり理解することが出来、現状を把握して改善へと導くことが出来るのです。
まずは1ヶ月、感情日記をつけてみましょう。

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」