ライフスタイル

オトナ女子編①本当に喜ばれる気くばり

普段の会話やプレゼントのお返し、お誘いの断り方、ちょっとした気遣い・・・実はマナー通りが正しいとは限りません。

オトナ女子として本当に喜ばれる気くばりが出来る人になる為に…!
今回は、相手も自分もおもわず笑顔になる嬉しいあれこれをご紹介致します♪

 

初対面の方と会話する時

初対面で空気が張り詰めているときは「実は私緊張してるんです…!」と自分から発言する。
相手の方も同じ気持ちなんだ…と場が一変し張り詰めた空気が緩みます。

相手に好印象を与えるコツ

会話や手紙の中にはわざと相手の名前を沢山入れる
自分の名前は呼ばれて嬉しいもの。

苦手な人へも変わらぬ対応を

怒りっぽい人や怖い人、苦手な人にも朗らかに。
媚びる必要もなければ特別構える必要もありません
すると、相手も打ち解けやすくなっていきます。

感謝と共に感想を伝える

ありがとうという気持ちと共に感想を伝える。
感謝とこんないい結果を得られたということを伝える。

お願い事は緊急性も伝える

何かお願い事をする際はどれぐらい急ぎなのかを伝える
今すぐ、来週まで、お手すきの時に…など。期限を伝えていると、催促や確認もしやすい。

飲み会やランチ、お誘いごとの鉄則

お誘いやお願い事の際は、相手が断りやすいように言葉を選ぶ。
嫌々YESを言わせないように、無理や負担をさせないように。

お誘いを断る場合の鉄則

逆にお誘いを断る場合は、次に繋がる一言を添える
先約があって今日は…、でも是非ご一緒したいので、またお声かけしてください!
次もまた誘いたくなる断り方をする。

遅くなっても必ず直接謝る

何かお詫びするようなトラブルがあった場合は直ぐにお詫びを伝えることと、次に直接会う時まで必ず覚えておく。
そして必ず直接謝ること。
ちゃんと責任を感じていることを伝える。

 

知ったかは思っているよりバレます

知らないことは知らないと言う。
その場しのぎがバレてしまっては信頼をなくしてしまいます。知らない場合は素直に教えてもらいましょう
知らないことを知らないと言える人は実は少ない。

空気を明るくしたい時

成功談より失敗談を話そう
親しみやすい印象になります。そして場の空気を上手く笑いに持って行きやすい。

贈り物で興ざめさせない

見返りを求めない。見返りを求めている態度や行動は相手にそれとなく伝わり、バレます。一気に興ざめしてしまいます。返ってこない、を前提に渡しましょう。

会話上手はこれが違う

あいづちのレパートリーを増やそう。
褒める、共感、驚き…感情の数だけ相槌を使い分けよう

言われて嬉しい言葉を言える人に

人に言われて嬉しかった言葉をメモしておく、そして同じような場面に出会ったら今度は自分が相手に伝える

過程の努力にも目を向ける

結果がダメでも過程を褒める
ダメ出し、今後の対策も大切だが、先に努力を褒めよう。

レイアウトに性格が出る

家には季節感を取り入れましょう
玄関やリビング、トイレには季節の植物を置いたりすると丁寧な印象に。

贈り物をもらった場合は必ずすること

会う人からもらったものを身につける
鞄、アクセサリー、服…etc.やっぱり贈り物を使ってくれるのを見るのは嬉しいもの。

 

引き立て役に徹する場合

主役のいる集まりには控えめな装いで。
服装はシンプルにし、ネイルやヘアスタイル、アクセサリーなどに個性を出しましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
意外と…当たり前のことだけど、そこまで気にしていなかった!と言う点も多かったのではないでしょうか。

気配りに関して参考にした著書はこちらです。

シンプルなページでほぼ全ページにイラストも有り、ずっと重宝しておきたい一冊です。気配りについて気になった方は是非!

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」