ライフスタイル

女子のカバンの中身は結局何が必要?

あれがいるかも、これも必要かも、それも持っていきたい…。
気付いたら鞄がパンパンになっているのは女子のあるあるですよね。

今回は女子のカバンの中身として最低限必要なアイテムをピックアップしました。

※携帯は普段ポケットに入れる方の方が多いとのことで割合しております。

必要なアイテム

財布

たまに財布を忘れてしまうとすごい辛いですよね。昔は長財布を使用されている方の方が多かったイメージですが、今では小さい折りたたみの財布を使用されている方が多いんです。

持ち歩くカードも減らせますし、いる分だけお金も持ち歩けるので無駄な出費を減らしやすいですよ。

キーケース・定期入れ

こちらも忘れてしまうと大惨事になりかねません。
キーケース意外と忘れやすいんですよね、家族とお住いの方や彼氏と同棲をされている方だと中から鍵を閉めてくれる場合があるので気付かず出てしまうんですよね。

定期入れも忘れている時は駅に着いてから気づきます。カバンに引っ掛けたりぶら下げることの出来る定期入れを使用することをオススメします。

ティッシュ・ハンカチ

持っていると1番女子力があると評価されるアイテム。出先で必要な時に無くて困った経験は誰しもあると思います。

持っていて絶対損は無いので、軽くて小さいのでかさばりませんしサッとカバンの中に入れておきましょう。

化粧ポーチ

化粧品は全部持ち歩く人と、すぐに直せる程度のもの(2~4つ位)だけ持ち歩く人に分かれます。化粧ポーチがカバンの中身で1.2位を争うほど重いんです。

出先で化粧をする場合は全部持っていきますが、家で化粧を済ましてから出る場合はピックアップして2.3つ持っていきます。

日によって中身を分けたりするのがめんどくさい方は、全部持ち歩く用ポーチ(大)と、化粧直し用ポーチ(小)2つを準備しておくことをオススメします。

手帳やノート・文房具

アナログで手帳を使用している方はこれを忘れてしまっては困りますよね。
手帳と併用してノートも持ち歩いている方が今はとても多いんです。

日々の気付いたことやメモしておきたいこと、後で調べたいことなど・・・何でも直ぐにサッと書けるノートを1冊持っていると便利です。

ちなみにA5の方眼サイズがオススメです。

学校や仕事で使うもの(書類やファイル・PC)

これも中々重たいものですよね。
学校や仕事で使う教科書なんかや書類。
紙として必要ない書類はスキャンして携帯に入れて何時でも確認できるようにしています。デジタルに頼るととっても便利です。

PCは少しでも軽くなるように、マウスを持ち歩かなくて済むようにパソコンのキーだけで操作出来るようにショートカットキーを沢山作っています。

生理用品ポーチ

忘れがちな生理用品。
急に生理になってしまった時に「どうしよう!買いに行かなきゃ!」と良くコンビニへ走っていました。

沢山持ち歩くとかさばるので、予定日じゃないときでも2つ3つ持ち歩いているといざと言う時安心です。

他にあって便利なもの

グミ・チョコレート

小腹が空いた時、ちょっと休憩したい時なんかに甘いものがカバンの中にあるとそれだけで安らぎます。
疲れた時は糖分を摂りましょう。

常備薬

生理痛にも効く頭痛薬、腹痛や下痢止め、鼻炎や花粉症の薬、疲れている時はビタミン剤などを持ち歩いているといざと言う時に本当に助かります。

学校や会社などの屋内でならまだしも、行き帰りの電車や道などで起こる体調不良はとてもしんどいですよね。そんな時でも薬を持っていればかなり安心出来ます。

カバンの中に入れておくアイテム

全部でおよそ13品です。

携帯でスケジュール管理をしている方は手帳を省けますし、出先で使用しない方は書類やPCも省けます。

クレジットカードのみで家計を管理している方は財布も省くことが出来ます。

自分に合った必要・不必要なアイテムを選びましょう。

必要なアイテム13種

  • 財布
  • キーケース
  • 定期入れ
  • ティッシュ
  • ハンカチ
  • 化粧ポーチ
  • 手帳・ノート
  • 文房具
  • 教科書・書類(ファイル)
  • PC
  • 生理用品ポーチ
  • グミ・チョコレート
  • 常備薬

 

カバンは書類が折れたりしないA4サイズが入る物がオススメです。
出先でものが増える可能性も考慮してマチが広めのものを選ぶと沢山入るので便利ですよ。

最後に

普段小説を持ち歩いたりしていたのですが、カバンが重くなるのが嫌で・・・紙から電子書籍へと変えました。

電子書籍だと月額で読み放題のコースがあったりするので、荷物がかさばらない上に何処でも手軽に読めるので普段小説を持ち歩いている方は一度電子書籍にチャレンジしてみてください。

小説に関しては紙派とデジタル派に分かれるので、お試し期間などを利用して実際に使用してみることをオススメします。

▼漫画はDMMがオススメ

【DMM.com 電子書籍】

▼書籍はAmazonがオススメ

【Amazon Kindle 電子書籍】

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」