スポンサーリンク




今年はバレットジャーナルがおすすめ!

スポンサーリンク




バレットジャーナルってなに?

 

アナログな紙の手帳で、主に方眼紙のノートに自分の好きなことを好きなだけ書き込んでいく手帳です。

 

 

好きなことを好きなだけ書ける!

 

例えばスケジュールやTodoリスト、メモやアイデアだけではなく、やりたいことリスト、家計簿、ほしい物リスト、死ぬまでに行きたい100の場所、冷蔵庫の中身…etcなど何でも書き込めます

 

作り方、書き方

 

1.ノートを用意する。

図や表が描きやすい方眼100P以上がオススメ!
私はミドリのMD 新書サイズを使ってます。糸綴じなのにかなら開き、紙質も丈夫で書きやすいのでおすすめ。

2.ページナンバーをふっていく。

〜20P…ある程度まで一気に書いちゃうと楽です。ページナンバーも間違いにくくなります!

 

3.Index(目次)を作る。

最初の1〜4ページは目次のため開けておく→目次は随時追加

 

4. 5ページ目から好きなことを好きなだけ書く。

たったのこれだけ!

ノート(表)の裏表紙によく使う記号(MarkやKeyアイコン)をメモして書いたりするのも便利!

ex)

☆重要
*アイデア 
→後日へ持ち越し

私の場合は…

バレットジャーナル目次
1〜4(page) index(目次)
5〜8 年間予定(ブロック)
9〜 1月の予定表(マンスリー)
11〜18 ウィークリー
18〜19 やりたいことリスト100
20 レコーディングダイエット
21 セミナー予定まとめ

という感じになっています。

 

普段のノートの使い方も変わる

 

ページナンバーを作る、indexを作ることにより、一冊のノートに予定やちょっとしたメモまで色んなことを書いてもすぐに探すことができます
好きなだけページを使っていいので書きやすい見やすいノートが作れるようになりました。

 

仮予定手帳とバレットジャーナル

 

バレットジャーナルは好きなことを好きなだけ書けるので、いつから始めても良いし、日記のように毎日書けなくても書きたいと思った日だけ書けるのが魅力

バレットジャーナルを手帳として使うというよりは、予定、情報などを正確にまとめ、日記やメモ、思考マップ、Todoリスト…に使っています。

Wワークをしているため、シフト提出日がばらばらだったりで、なかなか予定が見づらかったことから、仮予定を立て変更があれば直す!というスタイルの仮手帳(マンスリーしかない薄いやつ)を別で一冊私は使っています。

 

仮予定メモ
ー日ーの予定が入りそう!

仮予定手帳にメモ。

予定が確定したら、バレットジャーナルへ!

 

三日坊主、書くのがめんどくさくなっちゃう、綺麗に書けないとやる気を無くす…。手帳が続かない私もこれなら続きました!

続くか不安だし、高いノートを買うのは…と抵抗のある方は100均のノートで軽い気持ちで始められる方が多いのだとか!

外側も内側も自分好みにアレンジ出来るところも魅力です。

スポンサーリンク


脱ネガティブのためのメディア。
公式Twitter@SasakureWorksも要チェック!
音楽情報・音楽活動のためのメディア。
公式Twitter@iroha_oto_も要チェック!
YouTubeもやってます!
公式Twitter@xyz_muniも要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。