ダイエット

脱ネガティブのために学ぶアドラー心理学

アドラー心理学というものをご存知でしょうか。

脱ネガティブのために心理学を勉強すると、かなり生活に役立ちます。
普段の気の持ち様だったり、落ち込む頻度が減ったり・・・。
読むと心が軽くなります。

有名な心理学なので、少し知っていて損はありません。
今回はそんなアドラー心理学に注目していきます。

アドラーとは?

オーストラリア出身の精神科医師で心理学者です。

「人は努力と訓練によって、何者にでもなることができる」

有名なアドラーの基本的な考え方です。

ネガティブさんに知って欲しいアドラー心理学。
今回は有名なアドラー心理学の中からピックアップしてご紹介!

アドラー心理学

行動はすべて目標によって確定される

人間は目標を実現するために行動します。
大なり小なり目標を持つことで人は物事をなしとげます。

アドラーは「一本の線を引くとき、目標を目にしていなければ、最後まで線を引くことはできない」と表現しています。

「人の行動はすべて目標によって確定される。人が生きたくて、行為し、自分の立場を見出す方法は必ず目標の設定と結びついている」と説いています。

つまり、

目標が頭になければ、何も考えられず、行動することも出来ません。

 

「もしも」は、人生の嘘である

人生で大切なのは目標に向かって行動すること。しかし、現実には何も努力しない人がいる。そんな人間が使う言葉が「もしも〜だったら」という弁解です。

「もしも」という仮定は人生の先送りで、本気の先にあるものを見たくないという弱さの裏返しです。

アドラーは「もしもこんなに怠惰でなければ大統領にだってなれるのに」と考えています。

つまり、

「もしも」は本気を出したら凄いんだという行動しない人が見せる弱さです。

 

運命論は偽りの支えである。

運命があらかじめ定まっているという考え方はお勧めしません。

不運が思いもよらない出来事ではなく、思っていた通りのことだと、自分が悲劇の主人公であるかのように周囲に吹聴します。

つまり「不運のせいで人生がうまくいかない」と、課題に取り組む努力を回避しているのです。

つまり、

運命論というのは偽りの支えでしかないのです。

 

人はライフスタイルを持つので、ときには質問に答えてもらうだけで未来を予言できる。

アドラーは世界や人生、また自分についての意味づけを「ライフスタイル」と呼んでいます。

ライフスタイルが外に出たものが性格だと考えており、生まれつきのものではなく様々な課題に対処して成功や失敗と経験を重ねていったものです。

未来は定まったものではなく、自分が選びとったライフスタイルで決まっていきます。

つまり、

未来を変えたいのなら、自らのライフスタイルを意識して変えれば未来を切り開くことができます。

 

最後に

アドラーの心理学の中にはネガティブさんにとって前向きになれる言葉というものがとても多いんです。

是非一度アドラー心理学について調べてみてください。

たくさんの勇気とモチベーションを貰うことが出来ます。心にポっとあたたかい光がともりますよ。

 

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」