オススメ

【ゲーム実況】Mac・OBSをお使いの方に注意して欲しいこと

ゲーム実況やゲーム配信をしようとして躓きやすいのが、画面は初期設定で映るのに音がならないトラブル。PCに来ているはずの音を録音できない。

今回はMacの方向けの初期設定トラブルシューティング記事です。

▼ゲーム実況の撮り方についてはこちら

[kanren postid=”1079″]

ゲーム音と声と分けて録音できないの?

他にも解説されているサイトはあるものの、ほとんどがWindowsで分かりにくかったので・・・今回はMacの方へ読んで欲しい内容です。

Macにはサウンドミキサーがない。

Windowsはそのままキャプチャボードを繋げば映像も音声もすぐに録音できるのですが、Macの場合は別途ソフトが必要です。

1番注意して欲しい点

Windowsは元々サウンドミキサーといういろんな音を混ぜたり調節したりする機能‪が入っています。

Macにはその機能がありません。

なのでサウンドミキサーをダウンロードする必要があります。

ダウンロードソフト

  • soundflower
    サウンドミキサー
  • Radiocast
    出力先を選べるソフト

こちらの2つは無料ソフトダウンロードするだけで、開いて操作する必要は特にありません。

ダウンロードのみで大丈夫です。

実際の設定の流れ

Mac本体

  1. Mac本体の設定→サウンド
  2. 出力先をsoundflower(2h)に設定。
  3. 入力先を内蔵マイクに設定。

OBS(画面キャプチャ録画ソフト)

  1. OBSの設定→サウンド
  2. デスクトップ音声デバイスを既定に設定。

 

するとOBSの基本画面の下側にあるミキサーという部分にデスクトップ音声デバイスという欄が増えます。

以上でHDMIケーブルから来ているゲームの音声内蔵マイク(マイクを繋いでも可能)と分けて録音ができます。

これでゲーム音を直接録ることが可能になり、映像と音声を分けることが出来ました。

[aside type=”warning”]動画を確認・再生する際はMac本体の出力設定を内蔵スピーカーに戻して下さい。確認後、録音を開始する際は再びsoundflower(2h)に設定して下さい。[/aside]

最後に

Macの方はサウンドミキサーがないので、代わりとなるものをダウンロードする必要があります。

設定を見直してもなかなか上手くいかなかったのは最初のところを見落としていたからでした。

必要な2つのフリーソフトはダウンロードするだけで、開ける必要も設定する必要もありませんでした。

同じ悩みを抱えている方は一度試してみてください。

ABOUT ME
アオ
普段は歌ったり・ブロガー・YouTube・ゲーム実況をしています。ペット大国建設中。 夢は「誰かにとっての何者かになること」。 誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」