メンタル

ネガティブな自己嫌悪癖がなくなる5つの方法!

何かあると直ぐに落ち込んでしまい、「自分はダメだな」と自己嫌悪に陥っていく癖がある方は多いのではないでしょうか?

日常的に味わう自己嫌悪は大きなストレスになり、積もり積もってネガティブへと繋がっています。

自己嫌悪に陥ってしまう原因(出来事)は人それぞれなのですが、どの原因が引き起こす自己嫌悪もたどり着く改善方法は全て同じなんです。

今回はそんな自己嫌悪を減らしていくために出来る改善方法をご紹介します。

ネガティブな自己嫌悪の改善方法

環境を変える

自己嫌悪癖をかあ以前するために、まずは環境を変えてみましょう。手っ取り早く解決することが出来ます。
仮に原因とは違ったとしても、気分を一新してリフレッシュすることで何事も前向きに捉えられるようになります。

住居や職場を変えてみると嫌でも自分を変えることができますよ。

転職・引っ越しがオススメです。

行動を変える

自分が出来る行動・やり方を考えましょう。
しっかり行動をし、戦略を練っていくと結果が変わります

目標に向かって行動をしていけば現状の改善につながります。

例えば、仕事でもプライベートでもいいのでゴールを決めて年単位・月単位・週単位・今日、段々と逆算して出来ることを見ていきましょう。

ゴールにたどり着くまでの失敗は可愛いものだなと気付くことができますよ。

スキルを得る

ネガティブな方に自信をつける簡単な方法です。
自分のスキルや知識を増やし、能力を付けるためにトレーニングを行いましょう。
足りないものは、学ぶだけで自分のもの出来ます。

自信も能力もつくので一石二鳥です。

気になっていた資格を勉強してみたり、セミナーを受講してみたり…、自分のために時間を使って出来ることを増やして行きましょう。

価値観を変える

ネガティブである自分の信じている価値観や思い込みを変えてみましょう。
沢山の知識や考え方を知り、自分の行動とやり方を選択することが出来るようになれば、前向きに行動することができます。

沢山の本を読むことをオススメします。

本を読むと知識を得ることができますが、それ以上に「著者の脳内を覗き見る」ことができます。

色んな知識や考えを自分にプラスして選択肢を増やして行きましょう。

自己認識を変える

ネガティブさんに多い自己認識。
分かりやすく例を挙げると、

思っている評価が貰えなかった時に「悲しい」と落ち込んでしまうのか、「何で評価されないのか?もっと〜を改善しよう」と思えるかどうかの違いです。

ネガティブに陥ってしまいがちですが、何故評価されていないのか?自分には何が足りないのか?どこを努力すれば良いのか?と客観的に自分を評価してみましょう。

自己認識を変えることで、見つけずらかった改善ポイントが見えてきます。

まとめ

ネガティブや自己嫌悪は反省とは違うので、メリットは一つもありません。

ネガティブさんが陥りやすい自己嫌悪、早急に対処していきましょう。

落ち込むのでは無く、より良い方向に持っていく努力をすることが大切です。

もしも、自己嫌悪に陥ってしまったら…、

  • 環境を変える
  • 行動を変える
  • スキルを得る
  • 価値観を変える
  • 自己認識を変える

自己嫌悪に陥る原因と長いこと付き合っていくのは脱ネガティブの妨げにもなります。

どうにもならない時は思い切って環境を変えましょう。

 

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」