スポンサーリンク




ピアノ独学初心者が教本に迷った時はこれ!

スポンサーリンク




大人からでも始めたいピアノ。でも小さい時から始めなきゃダメと思い込んでいませんか?

今は動画や教本が沢山あるので、独学からとっても始めやすくなっています。

どの教本がオススメ?と聞かれることも多かったので、実際に独学初心者の方にオススメな教本をご紹介致します。

大人の方でも子供向けの教本を選ぶことをオススメします。

  • 楽譜の大きさ・見やすさ
  • 説明の分かりやすさ

 

この二点が圧倒的に違います

始めるのにオススメな電子ピアノ

3万円代とは思えない音質がとても本物に近いと人気の電子ピアノです。練習するには十分すぎる性能です。

鍵盤のタッチもより本物に近く省スペースで置くことが出来ます。

ピアノを弾く前に

基礎知識、ピアノの種類、鍵盤の音名、楽譜の読み方、指の使い方などの事前知識です。
知識ゼロで始められる方にはオススメの1冊です。

 

ピアノ教室で実際に多く使用されている1冊です。
レッスン用音源販売はこちら

 

おすすめの教本

バーナム(導入編・ミニブック・1・2・3)

歩く、走る、スキップ、逆立ち…
運動に例えてできる簡単なテクニック曲集です。

基礎的な手や指の使い方が身につきます。

バイエル(上・中・下)

上・中・下と順番に進んでいきましょう。
スラスラ弾けるようになっていくにつれて確実にレベルアップしているのが自分で感じられます。

子供向けバイエルから始めましょう。

ハノン

指のトレーニングに最適です。

難しい部分も多いので初めはゆっくりの速さから始めましょう。
1冊持っていて損はありません。

プロのピアニスト、キーボーディストも毎朝1冊弾いている基礎練習です。

モチベーションが上がる教本

弾きたい曲とこの教本と並行して練習することをオススメします。

誰もが知ってる、初心者さんの練習に丁度良い曲が多いので童謡がたくさん載っています。

まずは簡単な曲から弾けるレパートリーを増やしてみましょう。

弾き語りやPOPSに挑戦したい方は、隙を見てコードを少しずつ覚えておくと後々の幅が広がるのでオススメです。

簡単な曲だと3つコードを覚えるだけで弾き語れちゃいますよ。

最後に

もしもピアノを習える環境である場合は100%習った方がいいです。

変な癖がついてしまうと、なかなか治りにくくピアノを弾くのが曲によっては難しくなったりします。

とはいうものの独学でプロになられる方もいらっしゃいますので、独学でやりたいと思う方は是非簡単な教本からチャレンジしてみてください。

YouTubeなどで検索すると演奏動画を観れたりするので、手元が映っている場合は弾き方を参考にしてみましょう。

焦らずゆっくり練習していきましょう。

スポンサーリンク


脱ネガティブのためのメディア。
公式Twitter@SasakureWorksも要チェック!
音楽情報・音楽活動のためのメディア。
公式Twitter@iroha_oto_も要チェック!
YouTubeもやってます!
公式Twitter@xyz_muniも要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。